異国迷路のクロワーゼ The Animation 第2話 チーズ “Fromage”

国が違えば、当然文化も違います。
特に、戸惑うのは食文化。

朝食の時間です。
しかし、日本とフランスでは食文化が全然違いますから、ユネは大パニック。
フランスは、夜が重いのでその分、朝は軽い。
日本では、朝は御飯にお味噌汁、焼いた魚の干物。
逆に、クロードは日本の食文化に、違和感があるようで。
固いフランスパンに悪戦苦闘し、初体験のチーズやコーヒーに大苦戦です。

その昔、貧しい農民にとってはチーズは重要なタンパク源でしたから、食卓に上がるのはその名残でしょう。

仕事をしている時も、日本では奉公人は勝手にどこかに行くなどという事は、許されません。
そこを含めて、まだ、日本文化がよく解らないクロードは、罪悪感のような物を感じて、ユネを外に連れ出します。

ユネにとっては、珍しい物ばかりのパリの街並み。
しかし、クロードにとって、どうしても嫌な物があります。
グラン・マガザン。
要するに、デパートです。
商品を安く提供する薄利多売方式で、専門店を潰してきた、クロードにとってはまさに敵。
そして、ユネの形見の着物はその経営者の一族に渡っているという、弱り目にたたり目状態でした。

その後に言ったのは、マルシェ。
フランスでいう、市場です。
いろんな物を見て、買い物を済ませた後に。
帰って、夕食の支度。
しかしながら、日本にはスプーンがないので、ユネは再び文化のギャップにぶつかります。

翌日は、朝食のパンを買いに行ってから、再び朝食です。
パンとコーヒーにチーズの朝食。
しかし、今日はカフェオレなので大丈夫です。

ですが、やはりチーズは駄目。
駄目なら駄目でいい。
そう言えばいいだろうというクロードに、それでは楽しい食事をぶち壊しにしてしまうから嫌だと、ユネは言います。
個人主義の西洋文化。
郷に入れば郷に従えの、日本文化。
それの違いでした。

それを聞いて、尚更、少しずつ慣れていけばいいと、クロードは言います。

それにしても、外出の際に被布を着て行くってことは、やはりユネはかなりいい家のお嬢さんなのでしょうね。





ブログ村のランキングに参加しております。
来てくださった方は、よろしければクリックをお願いいたします。
励みになりますので。

にほんブログ村 アニメブログへ

相互リンクはいつでも大歓迎です。
リンクをしてくださる方は、コメント欄にお書き下さい。
リンクの設定をした後に、お知らせします。


異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
富士見書房
武田 日向

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



異国迷路のクロワーゼ(2) (角川コミックス ドラゴンJr. 111-3)
富士見書房
武田 日向

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 異国迷路のクロワーゼ(2) (角川コミックス ドラゴンJr. 111-3) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



異国迷路のクロワーゼ Le cahier d’ Yune
富士見書房
萩原 麻里

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 異国迷路のクロワーゼ  Le cahier d’ Yune の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [DVD]
メディアファクトリー
2011-09-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 異国迷路のクロワーゼ 第2話「チーズ」

    Excerpt: 湯音は可愛いね。そして とても日本人です・・・良くも悪くも(^^; 初めてのチーズやコーヒーに苦戦しても。 美味しいですとムリする湯音ちゃんw チーズは食べられずに部屋にお持ち帰り…。  ▼ 異国... Weblog: SERA@らくblog racked: 2011-07-11 22:09
  • 異国迷路のクロワーゼ 第2話 「チーズ」 感想

    Excerpt: 探究心と向上心― Weblog: wendyの旅路 racked: 2011-07-12 00:33
  • 異国迷路のクロワーゼ・・・第1回(2話)「チーズ」

    Excerpt: 2011/07/11 放送分 総評:★★★☆☆ まだキャラクター紹介・舞台紹介の段階ですね。 全部で何話あるのか知りませんが、1クール12話だとするとちょっとゆったりしすぎている気はするなぁ・・・.. Weblog: 生涯現役Gamerを目指す人。 racked: 2011-07-12 01:49
  • 異国迷路のクロワーゼ 2話「湯音ちゃんは可愛い」(感想)

    Excerpt: 湯音に自然に感情移入でれる物語ですね。 東山奈央さんの声はイイ! 湯音から見たフランスというのがこの作品の見所なのでしょうね。 私はロリっぽい絵柄が好きなのでしょうね・ ロウきゅーぶ、ゆるゆり.. Weblog: 失われた何か racked: 2011-07-12 07:54
  • 異国迷路のクロワーゼ 第2話「チーズ Fromage」 レビュー・感想

    Excerpt: 「19世紀末、パリ ガラス屋根に覆われた時代遅れの『ギャルリ・ド・ロア』に一人の日本人少女『湯音』の姿がある このことはまだわずかな人しか知らないこと・・・」 きっとこ ... Weblog: ヲタブロ racked: 2011-07-12 22:17
  • 異国迷路のクロワーゼ 第02話 『チーズ』

    Excerpt: 基本的に従順ですが。いっぽうで頑固なところがある湯音。外国へ来て戸惑うのは言葉や文化の違い、そしてそれ以上に食い物の違い。特に19世紀の日本とフランスでは相当違いがありそうですね。 仏教の影響もあり、.. Weblog: こいさんの放送中アニメの感想 racked: 2011-07-14 19:54
  • 異国迷路のクロワーゼ 第2話「チーズ」

    Excerpt: 爽やかでほっこりな優しいひととき。 今週もサトジュンさんワールド全開。 秋には「たまゆら」のTVシリーズも始まりますし、癒しタイムが年内続くのはうれしいですね(^-^) ギャルリの朝ごはんはパンとコ.. Weblog: のらりんすけっち racked: 2011-07-15 16:49
  • 異国迷路のクロワーゼ 2話

    Excerpt: パンおいしいねん。 というわけで、 「異国迷路のクロワーゼ」2話 いただきますの巻。 食文化の違いから生まれるコミュニケーション。 合わないなら無理しなくていいよという気遣い。 頑張って合..... Weblog: アニメ徒然草 racked: 2011-07-15 23:07
  • 「異国迷路のクロワーゼ」2話の感想

    Excerpt: 「異国迷路のクロワーゼ」2話、観ました。日本とは違うものや作法に驚くばかりの湯音。特に食べ物や、その作法は湯音にとってなかなか慣れないものだった。特にチーズは、その味や匂いが苦手で食べきれず部屋に持ち.. Weblog: 最新アニメ・マンガ 情報局 racked: 2011-07-29 11:14
  • ◎異国迷路のクロワーゼ#2「チーズ」

    Excerpt: ユネが朝ごはんを作る手伝いをしようとするが、パンなので簡単に終わってしまう。ユネがいただきますするが、フランスではそんな文化なかった。チーズがカマボコだと思う。フランス... Weblog: ぺろぺろキャンディー racked: 2011-10-30 19:47