ニュースに思う事[日韓戦後処理]

日韓戦後処理は不十分=「改めて決着必要」―官房長官

この官房長官に、一言聞きたいです。
「あなたは、歴史を勉強しているのですか?」と。
もう既に、二国間で条約を締結し、解決済みの事を後になって蒸し返す事は、
今までの歴史の中で、ほとんど無いです。
第一、そんな事をして後々蒸し返す事が続いたら、条約の締結など不可能であ
ります。

個人補償は、条約締結の交渉の中で日本が提案したのですが、韓国側が「自
分たちでやる。」と言って、請求権を放棄して条約締結に至っています。
もし、日本が個人補償をしていたとすると、朝鮮半島に残してきた日本の財産
も対象になるので、韓国にとっては不利になります。
ちなみに、当時の朝鮮半島に残っていた日本の財産を現在の価値に換えると
約16兆円になると言われています。
これが、個人補償にならなかった大まかないきさつです。

日本だけの思惑でなく、韓国の思惑も絡んでいる事は政治家ならば知ってい
るはず。
もし知らないとしたら、政治家としての識見が足りないと言わざるを得ないでし
ょう

なんで、こんなのが政治家やっていられるんですかねえ…。

ブログ村のランキングに参加しております。
来てくださった方は、よろしければクリックをお願いいたします。
励みになりますので。

ブログランキング・にほんブログ村へ

相互リンクはいつでも大歓迎です。
リンクをしてくださる方は、コメント欄にお書き下さい。
リンクの設定をした後に、お知らせします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック